社長の生産性を上げるシステム思考術

社長の生産性を上げるシステム思考術

 

この本では、私が社員と自分を成長させて、質の高いサービスを提供し、いつも不振にあえいでいた会社をATMマシンに変えた方法を説明している。

 

私がどのように苦境を抜け出し、自由を手に入れたか、そして、どうすればあなたも同じことができるかを、こと細かく説明している。

 

「システムを働かせる」というのは理論ではなく、事実なのだ。

 

そして私は、自分にできたことはあなたにもできると信じている!あなたは、「自由」と「豊かさ」を手に入れるには、今の事業や仕事を変える必要があるとお考えかもしれない。

 

だが、たぶんそうではない。

 

この本を読んで、「システムを働かせる」ことに取り組んだ方々は、ほとんどが同じ仕事を続けながら、仕事の効率を格段に高めて、ライバル会社を大きく引き離したり、出世の階段をどんどん上がったりしている。

 

会社経営は芸術活動だ。

 

根気よく成長し続け、次々に障害を乗り越え、何があろうと質を改善しつづけ、最終的には、過去にはなかったような素晴らしい作品を作り上げる。

 

成功を収めた会社は、価値のある、自立したシステムで、経営者や従業員から、顧客まで、かかわりのある人全員に利益をもたらしている。

 

あなたが今つまずいていたとしても、そうした会社を目指して、歩き始め、走り出すこともできる。

 

自分に成し遂げられること、貢献できることを低く見積もってはいけない。

 

 

目次

 

はじめに シンプルな解決策システム思考のススメ

 

第1部システム思考すべてが好転するマインドセット

第1章目覚めシステムを知るための第一歩
第2章私の冒険譚障害を乗り越え基幹システムを築く
第3章もぐら叩きどの立脚点で、考え行動するか
第4章悟り土壇場で得たもの
第5章実行と好転会社を「マシン」にする
第6章覚醒システムに目覚めて、システムを管理しよう
第7章選ばれし者「悟り」に達して、新しい世界へ

 

第2部実行に移すシステムを働かせるための「文書作り」の基本

第8章夢を現実にする三つの重要文書の作成
第9章転じる力「たとえ」がシステムの方向を改善する
第10章戦略的目標&行動指針「業務マニュアル」の土台になる文書作り
第11章業務マニュアルシステムを形あるものに変える

 

第3部健闘を祈るあなたへのさらなる提案

第12章完璧さ「いい仕事」をすれば、それでいい
第13章オミッションエラー起こすべき行動を起こさなかったこと
第14章静かな勇気実行を手助けする力
第15章POS「即時即行」を主義にする
第16章人材素晴らしい社員を引き寄せる極意
第17章一貫性ぬるいコーヒーを出していないか
第18章コミュニケーションの質ことを円滑に進めるには
第19章プライムタイム貴重な時間をどう使うか
第20章混乱ルールなき環状交差点
第21章システム改善結果を出し続けるために
おわりに 望みを叶える力

 

>> 「社長の生産性を上げるシステム思考術」公式サイト <<

90日以内返品保証

社長の生産性を上げるシステム思考術