脳科学マーケティング 100の心理技術

脳科学マーケティング 100の心理技術

 

広告心理学からニューロマーケティングへ現代のニューロサイエンスは、私たちの脳の内側を見つめ、心理学のブラックボックスを開けるのに役立つツールをもたらした。

 

今や機能的磁気共鳴画像法(fMRI)による脳スキャンという魔法を使えば、たとえば、高すぎる値段を見聞きしたときの脳の反応が、つねられたときの反応ーーつまり、痛いと感じたときの反応と非常によく似ていることがわかる。

 

また、脳波計(EEG)の技術のおかげで、ある種の脳の活動を測定するコストが下がり、より多くの統計用サンプルデータが得られるようになったため、広告や製品の確実な最適化が行なわれるようになった。

 

ニューロマーケティングとは、要するに脳の働きを理解し、その知識を活用してマーケティングと商品の両方を改善することだ。

 

ニューロマーケティングのテクニックが適切に使われれば、より優れた広告、より優れた商品が生まれ、顧客はより満足する。

 

誰だって気に入ったと思える商品が欲しいし、退屈なコマーシャルは見たくない。

 

「賢いマーケティング」とは、あなたの脳を使うことだけではない。

 

あなたの顧客の脳を使うことでもあるのだ!

 

目次

 

はじめに
Chapter1 価格が脳に与える影響
Chapter2 五感を刺激して売り込む
Chapter3 脳が喜ぶブランディング
Chapter4 紙媒体と脳の相性がいい理由
Chapter5 脳が喜ぶ写真の使い方
Chapter6 顧客の脳の信頼を勝ち取る
Chapter7 脳が喜ぶ接客スキル
Chapter8 脳が喜ぶセールステクニック
Chapter9 脳を刺激するコピーライティング
Chapter10 脳が喜ぶマーケティング
Chapter11 男性脳、女性脳それぞれの攻略法
Chapter12 顧客の脳を買う気にさせる
Chapter13 脳を刺激する映像メディア活用法
Chapter14 脳を刺激するインターネット活用法

 

>> 「脳科学マーケティング 100の心理技術」公式サイト <<

90日以内返品保証

脳科学マーケティング 100の心理技術