現代広告の心理技術101

現代広告の心理技術101

 

反応を取る広告を作るための本広告の目的は人に行動させることこの本を読めば、広告をより効果的にするため、ただ以下のことを学ぶことができる。

 

1.人が何を求めているのか。

 

2.人は自分の求めているものをどう思っているのか。

 

3.なぜ人はそういう行動をとるのか。

 

それがわかれば、次のことが可能になる。

 

1.顧客を満足させる方法がさらにわかる。

 

2.より多くの人にモノを買いたいと思わせることができる。

 

3.良質な製品をより多くの人々のもとに届けられる。

 

4.人々の生活により多くの満足感をもたらす手助けができる。

 

著者のドルー・エリック・ホイットマンは、長年の経験と広告データから人が広告を見るときにどういう心理が働くかという広告行動心理を徹底的に研究し、それを相手の頭の中に入る消費者心理の17原則買わずにいられなくする41のテクニックにまとめました。

 

この本は、その広告の心理学を追求した一冊です。

 

目次

 

INTRODUCTION顧客は買いたがっている!

 

CHAPTER1人々が本当に求めているもの

 

CHAPTER2相手の頭の中に入る方法消費者心理の17の基本原則
  • 原則1恐怖という要素
  • 原則2自我の変形
  • 原則3転嫁
  • 原則4バンドワゴン効果
  • 原則5手段・目的連鎖
  • 原則6理論を超えたモデル
  • 原則7接種理論
  • 原則8信念のリランキング
  • 原則9精緻化見込みモデル
  • 原則10影響力の6つの武器
  • 原則11メッセージの構成
  • 原則12セルフ・デモンストレーション
  • 原則13二面性のあるメッセージ
  • 原則14反復と重複
  • 原則15修辞疑問文を使う
  • 原則16証拠
  • 原則17ヒューリスティックス

 

CHAPTER3買わずにいられなくなる秘密のテクニック買わせるための41のテクニック

 

CHAPTER4ホットリストレスポンスを急増させる101の簡単な方法

 

EPPILOGUE広告のプロが最後に言いたいこと

 

>> 「現代広告の心理技術101」公式サイト <<

90日以内返品保証

現代広告の心理技術101