トライブ -人を動かす5つの原則-

 トライブ -人を動かす5つの原則-

 

なぜ、優れたリーダーでも新しい環境では失敗することが多いのか?なぜ、並のリーダーでも本来の能力よりも優れているように見えるのか?この疑問の解明に取り組むために著者のデイヴ・ローガンは2万4000人を対象にした10年に及ぶ追跡調査を実施しました。

 

すると意外なことに会社の中で部下を動かすのにリーダーシップはほとんど関係ないということが分かったのです。

 

そして、辿り着いた結論は、本書のテーマにもなっている「トライブ」。

 

直訳すると部族や集団といった意味です。

 

「トライブ」は5つのレベルがあります。

 

そして、組織にいる人は全員必ずこの5つのステージのどこかに所属しています。

 

上位のトライブにレベルが上がれば上がるほど、組織にいる人はイキイキと働きます。

 

上位のトライブにいる人には、いちいちリーダーシップを発揮してこと細かにやることを指示する必要はありません。

 

では、各トライブを見ていきましょう。

 

第1段階:人生は最悪だこのステージにいる人は、暴力の世界に住んでいます。

 

奪い合いの世界なので自分の周りは常に敵ばかり、生まれて生きること自体が不幸だと思っています。

 

第2段階:私の人生は最悪だこのステージにいる人は、第1段階とは違い人生には良い人生と悪い人生があるということは理解しています。

 

しかしながら、自分の人生は最悪で何をやっても上手くいかない上手くいくはずがないと思っています。

 

第3段階:私は素晴らしい(が、あなたはダメだ)この段階になると自分が優秀であると認識し始めます。

 

ところが自分は優秀だが周りは無能、周りは自分の足を引っ張る人間ばかりというふうな一匹狼的な考え方になります。

 

第4段階:私たちは素晴らしい(が、あなた達はダメだ)第3段階からレベルアップすると、自分のチームが素晴らしいと思うようになります。

 

自分のチーム、自分の会社は素晴らしいが、他のチーム、他の会社は自分たち以下という考え方をします。

 

第5段階:人生は素晴らしいこの段階にくると、人生は素晴らしい、生きることが素晴らしいという考え方になります。

 

仕事を純粋な好奇心でこなすようにな、全てがプラスの好循環になります。

 

組織にいる全ての人は、この5つのステージのどれかに所属しています。

 

ですので、リーダーの役割は組織にいる人の各々のトライブに応じてレベルを引き上げていくだけで済みます。

 

本書の中のたくさんのテクニックでメンバーのトライブのレベルを上げれば、チームは驚くほどの戦う集団に変貌するでしょう。

 

目次

 

  • 第1章 コーポレート・トライブ
  •  

  • 第2章 5つのトライバル・ステージ
  •  

  • 第3章 トライバル・リーダーシップのナビゲーション・システム
  •  

  • 第4章 第1段階:崩壊寸前
  •  

  • 第5章 第2段階:隔絶と離脱
  •  

  • 第6章 第3段階:ワイルド・ワイルド・ウエスト
  •  

  • 第7章 トライバル・リーダーシップへ向けた気づき
  •  

  • 第8章 第4段階:トライバル・リーダーシップの確立
  •  

  • 第9章 核となる価値観と崇高な目標
  •  

  • 第10章 三者関係と第4段階のネットワークづくり
  •  

  • 第11章 戦略を策定するトライバル・リーダーのためのガイド
  •  

  • 第12章 第5段階初期:人生はすばらしい
  •  

  • 付録A トライバル・リーダーの早わかりガイド
  •  

  • 付録B 調査について
  •  

  • 付録C 著者について

 

>> 「トライブ -人を動かす5つの原則- 」公式サイト <<

90日以内返品保証

トライブ -人を動かす5つの原則-